東京セルクリニックがご提案する免疫細胞療法
一歩先の免疫細胞療法
AKC免疫療法
最先端のバイオテクノロジーと世界レベルの培養技術が融合。
そしてCHA病院グループの研究ノウハウにより開発された免疫細胞療法です。

一部のがんを除いたほとんどのがんを対象。

がんの治療後に再発予防として最適です。

がん家系等、 がんの予防として施術します。

慢性疲労症候群を対象とします。

AKC免疫療法の特長について
ご自身の血液がベースですので、副作用がほとんどありません。
AKC(Autologous Killer Cell)とは、細胞治療のオピニオン企業であるCHA病院グループの独自の技術力によって開発した"自己由来活性化リン パ球"です。
患者様から採血した血液をもとに、リンパ球を抽出。そしてNK細胞(ナチュラルキラー細胞)とNKT細胞(ナチュラルキラーT細胞)を増殖及び活性化させた後、再び患者様の体に投与する方法です。がん細胞を排除するとともに、ご自身の免疫力の増強や健康の回復に大いなる貢献を果たす画期的な治療法です。
つまりそれは、がんの治療はもちろん、がんの予防にもその効果を発揮する東京セルクリニック独自の治療法なのです。
またAKC免疫療法は、患者様ご自身の血液がベースとなっていますので、案税についても実証されています。開院以来、重篤な副作用はありません(一 般に免疫細胞療法では、一過性の軽い発熱・疲労感・掻痒感、ごく稀にアレルギー反応と思われる症状が生じることもありますが、当院ではこれまでに発現したことはありません)。そればかりか抗がん剤との併用により、抗がん剤独特の副作用が緩和します。
ご自身の免疫力を高めるAKC免疫療法は、従来治療(抗がん剤・手術・放射線等)との併用によりさらなる効果が実証されています。



AKC免疫療法は患者様ご自身の血液から抽出したNK細胞とNKT細胞を
活性化・増殖させ、体内に投与する治療法です。
  • 採血

    まず担当医師よりAKC免疫療法についての説明を行います。その後、各ウイルスチェックのための事前血液検査(無料)を実施します。血液検査完了後に患者様から約60~80ccの採血を行います。

  • 分離

    採血した血液は、速やかに隣接の細胞培養センター(完全無菌)に送られます。フレッシュな状態で搬送された血液は、遠心分離機や試薬によりNK細胞とNKT細胞を分離・抽出します。

  • 増殖・培養

    細胞培養センター内でNK細胞とNKT細胞に特化した培養・増殖を行います。また私たちが構築したノウハウにより培養・増殖した細胞の活性化(パワーアップ)を図ります。

  • 投与

    患者様は、予約した時間にご 来院いただき、静脈への点滴にてAKCを投与します。 投与に関する時間はおよそ30~45分間です。

AKC免疫療法の主成分はNK細胞とNKT細胞です。
  • NK細胞(ナチュラルキラー細胞)とは

    本細胞は、自然免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の1種であり、特に腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に重要です。細胞を殺すのにT細胞とは異なり事前に感作させておく必要がないということから、生まれつき(natural)の細胞傷害性細胞(killer cell)という意味で名付けられました。またがん細胞に対して高い殺傷能力を持っています。

  • NKT細胞(ナチュラルキラーT細胞)とは

    本細胞は、T細胞とNK細胞の両方の特長を持ちます。本細胞は迅速なサイトカイン(免疫細胞の活動を調整するタンパク質)の分泌を行います。このため様々な免疫機能を活性化したり、逆に抑制したりします。

免疫細胞療法にはNK細胞の数量と、NK細胞の活性化が重要です。
  • NK細胞ががん細胞を攻撃する場合、その対峙する比率は1:1(NK細胞:がん細 胞)では効率が良くありません。多数のNK細胞によって数的優位に立つことにより、がん細胞の破壊(細胞死:アポトーシス)率は高まります。しかしT細胞はいくら数を増やしても、がん細胞を破壊する効率は低い状態のままです。※左図参照私たちはNK細胞の免疫細胞の戦闘能力の高さはもちろんのこと、その攻撃ロジックまでをつぶさに把握。NK細胞が免疫細胞のトップに位置すると考えました。こうしたことが、私たちがご提案するAKC免疫療法の主成分にNK細胞を選択した理由でもあります。

  • 私たちの培養技術は、NK細胞数の増殖だけではありません。がん細胞の破壊効率を向上させるためには、「NK細胞の活性化」大きなポイントです。
    NK細胞ががん細胞を破壊するには、3つのパワーが必要です。
    1.パーフォリン(がん細胞膜を貫通し、穴を開けるタンパク質)
    2.グランザイム(パーフォリンの開けた穴からがん細胞内に侵入し、がん細胞を破壊するタンパク質)
    3.トレイル(がん細胞を死滅させる化学物質)
    活性化とは、1.2.3.の能力を高めることを指します。私たちの培養技術により、活性化を飛躍的に高めたNK細胞の精製を実現します。※右図参照




血中に約5000万~1億個のNK細胞があります。
私たちは60~80ccの採血でNK細胞を30億~80億に培養します。
私たち東京セルクリニックは、高度なバイオテクノロジーを駆使し、NK細胞の培養に特化した技術を実現しています。比較的に培養しやすいT細胞だけを大量に培養することでなく、がん細胞に対して強力な殺傷効果が認められた活性NK細胞の培養に注力。がん治療の効率性を高めました。また一般的に、総血液量約5000cc内にNK細胞は約5000万~1億個存在しているといわれています。免疫力が極めて低くなったがん患者様の場合、NK細胞の量が少ないのはもちろん、がん細胞への殺傷能力が活性化されていない免疫細胞が多く見られます。こうした鈍化しているNK細胞を、AKC免疫療法によって活性度を促進させることが大事です。私たちはこのような免疫細胞のシステムを熟知し、独自の培養技術でNK細胞の量と質を強化させます。




毎日約5000個のがん細胞が発生しています。
私たちの体内では日々NK細胞が戦い、からだを守っています。
実際の映像はこちら ※緑色の細胞が、がん細胞です

永年の研究や実験により、NK細胞の活性化は、がん細胞に対する治療の効果を比較・検証できる重要な指標として認められています。それはNK細胞の活性度とがん発生率に深い関連性があるということにほかなりません。例えばNK細胞の活性度が低い場合、がん発生率は次第に高まります。その反面、NK細胞の活性度が高ければ、がん発生率は低く抑えられるのです。つまりNK細胞の活性化を促進させる技術が重要なのです

がんの予防としても、NK細胞は威力を発揮します。
がんは、予防することができる病気です。がんの原因やハイリスク集団の一例が、右図の「埼玉県居住者3625人(40~80歳)の11年間にわたる追跡調査 (県立埼玉がんセンター調べ)」です。この図に示されるように、NK活性度は低いと、がん発症リスクは高まります。そこでがん家系はもとより、健康に一抹の不安を感じている方々にAKC免疫療法が注目されています。実際に当クリニックでは、がん予防としての治療を行う方々が増加しています。
AKC免疫療法はがんの治療、予防を目的としています。
AKC免疫療法は6回を1クールとして治療します。
AKC免疫療法は、その治療対象により、治療スケジュールが異なります。またNK細胞を培養・
活性化させるために約2週間を要します。よって最短の治療スパンは2週間毎となります。
世界基準の培養実績と治療実績を礎にAKC免疫療法は確固たる地位を誇ります。
■AKC免疫療法の特性■
1.活性NK細胞の数が30億~80億個に増加(培養前比較)
2.高い細胞活性度によるがん細胞への殺傷力の強化
3.様々ながんの特性や患者様の状況に合わせた個別式治療が可能
4.簡単な採血(60~80cc程度)で実施が可能なため、体への負担が少ない
5.患者様ご自身の細胞を使用するため、副作用がほとんどない
6.標準治療(外科手術、化学療法、放射線治療)との併用で相乗効果を期待
7.抗がん剤治療による痛み・精神的苦痛を緩和
8.耐性がない

AKC免疫療法の細胞品質は、絶対品質を誇ります。