免疫細胞療法とは一体どんな治療法なのかをご紹介します。

免疫細胞療法とはある細胞を活性化させて投与すること。

からだを病気から守る細胞があります。
免疫細胞は、病気やウイルスから
私たちのからだを守り続けています。

免疫とは病原菌やウイルスなど、異物質の体内侵入を防御したり、体内で生成された異常細胞 (がん細胞など)を除去する自己防衛機能を指します。これは自然治癒力とも称されています。私たちの体内では、こうした自己防衛パワーを持つ免疫細胞がつねに活動し、がん細胞を死滅させたり、風邪などの病気にかからないように守っています。つまり免疫細胞が、身体的に害となるものを素早く認識し、的確に攻撃することにより身体を守っているのです。こうした免疫システムが稼働してがんはもちろん、様々な疾病を未然に防いでいます。しかし加齢、生活習慣、生活環境、ストレス等の要因により、免疫システムがパワーダウン(免疫力の低下)すると、体内で異常細胞が増殖し、様々な疾病を誘発したり、がん発症の原因となります。 免疫細胞は、永年の研究によりがんの治療や予防に効力を発揮することが明らかになっています。免疫細胞は私たちの健康を考える上で、非常に重要な役割を果たしているのです。

ご自身の血液内の免疫細胞を培養および活性化させて投与。

免疫細胞は、白血球内のリンパ球の1種として存在しています。その代表的な ものはNK細胞、T細胞、樹状細胞の3種です。患者様ご自身の血液から、これらの免疫細胞を分離、培養し、患者様に投与する療法が、免疫細胞療法です。患者様ご自身の血液がベースとなっているため、抗がん剤等に見あられる副作用はほとんどなく、からだに負担がかからない治療法として、注目を浴びています。ただし、培養ノウハウや設備等により、その細胞品質は大きく異なります。誰しもパワフルで良質な免疫細胞を培養できるとは限りません。

免疫細胞療法の比較




東京セルクリニックのAKC免疫療法は

免疫細胞のなかでもNK細胞は、様々ながん細胞を単独で攻撃します。NK細胞自らがん細胞を探し、自ら攻撃する。いわば体内の警察のような役割を果たします。またがん細胞に対しての意殺傷能力が極めて高いことも特長の一つです。しかしT細胞は、自らがん細胞を探すことはできません。樹状細胞にがんの存在を教えてもらって(感作)から攻撃します。樹状細胞は、がんを探しT細胞に教える役割を果たしますが、自ら攻撃はできません。このことから、私たち東京セルクリニックはNK細胞を主成分としたAKC免疫療法を強く推奨しています。




NK細胞によるがん細胞破壊メカニズム
実際の映像はこちら ※緑色の細胞が、がん細胞です
がん細胞を倒すためには、
東京セルクリニックは

患者様から採取した血液は、最適の細胞割合のもと、NK細胞を増殖・培養して治療します。私たちが精製する免疫細胞は、「絶対品質」として驚異の活性化をお約束します。NK細胞の数を増やしつつ、がん細胞を駆逐するパワーを増強させることが私たちのノウハウです。また活性化されたNK細胞を患者様の投与することにより、患者様体内のNK細胞も合わせて活性化されていきます。まさしく活性化の相乗効果。がん細胞を駆逐するパワーは体内でさらに増殖されるのです。